動画を検索

    NEW
    2018/12/20
    礼拝中は寝ててOK?“世界一ゆるい聖書入門”とは
    上馬キリスト教会の単行本『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』(講談社)が発売された。上馬キリスト教会とは、東京都世田谷区駒沢にあるメソジスト系単立教会であり、現在Twitterにおいて布教活動を行う“ゆるアカウント”として人気を博している(「中の人」は一般の信徒で、「まじめ担当」「ふざけ担当」の二人)。本書では、聖書とキリスト教の世界を、ほんとうにゆる~く、ざっくりと紹介。ノンクリスチャンが抱きがちな疑問、教会で飛び交う謎のことば、名画に描かれた聖書の名シーンの数々を解説している。


    本TUBE編集部×上馬キリスト教会インタビュー
    ―――――――――――――――――――――

    ――なぜ「世界一ゆるい」とタイトルに?

    今みんな「ゆるい」のが好きですよね。「世界一」については、最初は「日本一」にしようかと思ったんですけど、もう狙うのは世界だと思って。

    ――苦情来ないですかね?神様はこんなこと言ってない、と(笑)。

    来るかもしれないですね。でも、難しいことを知りたい人は他の本を読んでください(笑)。くまモンがリアルの熊と違うと文句言ってるようなものですよ。

    ――Twitterでの伝道活動なんて異例じゃないですか?

    当時はそうでしたね。「ふざけ担当」が突然持ってきたんですよ、これやってみようよって。最初はそんなに色々やろうと思ってなくて、聖書の一句を出したこともあったし、庭の花が咲きましたとか、つぶやいていました。でも、飽きてきちゃって、冬の礼拝の足場が冷たいとか、「教会あるある」のようなことを始めて、だんだん悪ノリが始まりました。教会の十字架を撮影しながら、オルガンの人にドラクエの教会の音楽を流してもらってそれを配信したりしましたね。

    ――普段の礼拝はしっかりやってるんですか?上馬キリスト教会自体は、ふざけた教会なわけではない?

    (ふざけた教会)ではないです!よくTwitter見て教会に来られた方が、「真面目なんですね」って言って帰っていきます。寝てる人も多いですけどね。

    ――それ言わないでください(笑)

    いいんです!うちの牧師が言ってますから、寝てていいって。礼拝は、説教は毛穴から入るから寝ていていい。自分で頑張らなきゃ礼拝がダメなんだと思っているのはかえって不信仰だと。

    ――聖書の名シーン集の中に、「ゲツセマネの夜」があります。イエス様が「翌日十字架にはりつけられるから、寂しいから祈って」と、弟子達に言ってるのに、弟子達は横で寝ちゃっている。そんなことってあるんですか?

    しかも3回寝たんですよ。

    ――そうそう、起こされたのにね!怒らないんですか?

    イエスさん怒ってると思いますよ。内心っていうかけっこう怒ってますよ。

    ――聖書の話って、意外と人間味がありますよね。

    特に十二使徒さん達は人間くさすぎくらい、人間くさいです。イエスさんの十二弟子って長所全く書いてないんです。ダメなところばっかり書いてあって。でも、だからこそ聖書は優しいんですよ。こんな人達でもイエスさんは愛弟子にしているんです。

    ――聖書の魅力って何ですか?

    聖書って、「ダメでいいんだよ」って言ってくれるんです。ダメで元々じゃん、みんなダメなんだから、イエス様に認めちゃって救ってもらいなさいっていう宗教なんです。聖書では、いわゆる偉い人、自分で目標を決めてそこに向かって努力して実現したって人は一人もいないんです。神様にこうしろって言われても「嫌だそれ」とか言いながら、文句を言ったり、サボって怒られたりとかしながら偉い人になっていくんですよ。そういう生き方もあるんだよって、一つのオプションとして聖書ってあっていいと思うんです。

    ――あなたのままでいい、欠けてていいんだよっていう…。

    欠けているところは俺が埋めてやるからって神様が言ってるんです。気にするな、と。

    ――聖書が身近に感じられる一冊ですね。ありがとうございました。


    ■上馬キリスト教会
    東京都世田谷区駒沢にあるメソジスト系単立教会。2015年2月にスタートしたtwitterでの伝道活動が人気を呼び、一般アカウントにもかかわらずフォロワー7万人を超える人気アカウントに。キリスト教や聖書の世界をおもしろおかしく切り取ったつぶやきが話題を呼び、2017年のクリスマスには150人を超える「初めて教会に来る人」が押し寄せるなど、大人気に。「中の人」は、一般の信徒で、「まじめ担当」「ふざけ担当」の二人。
    ____
    本編では、この他にも質問やトークが盛り沢山、そして普段は見ることのできない作家さんの表情も楽しめます! 完全版が見たい方は、ぜひインタビュー動画をチェック!
    動画はこちら
    戻る
    一覧へ
    次へ
    ×